最新記事 —Information—

TOPCIUセンターとは

はじめに

01-01

北海道情報大学では、平成26年8月に地域連携・産学連携センター(略称:CIUセンター)を設立いたしました。
わが国の社会経済が少子高齢化などによって停滞している状況において、全国の地方都市では、新たな起爆剤として地方創生を実現する「まち・ひと・しごと創生総合戦略」などを策定しています。また、情報技術の進展や市民ニーズの多様化を踏まえて、ものづくりやサービスの高度化・高付加価値化が求められています。
一方、大学は、これまで『知の拠点』として学問の発展や人材の育成を担ってきましたが、今後は、地域社会に根ざした『地の拠点』としての新たな役割が重要視されてきました。
北海道情報大学は、このCIUセンターを核として、今まで以上に道内各地域と密接に連携・協働し、地域社会の発展に貢献していく所存です。ぜひ、民間企業や自治体の皆さまにCIUセンターを活用していただければ幸いです。

北海道情報大学 地域連携・産学連携センター
センター長兼副学長  澤井 秀

概要

地域連携・産学連携センター(CIUセンター)は、北海道情報大学の教育成果や研究成果を道内各地域の産業界・地方自治体が活用できるよう設置しました。地域社会に根ざした『地(知)の拠点』として、これまで以上に道内各地域と密接に連携・協働し、地域社会の発展に寄与することを目指して活動を継続・推進していきます。CIUセンターは、「産学連携部門」「生涯学習部門」「研究・教育部門」の3部門で構成され、本学の有する資源(教員・学生・施設・設備)を用いて、地域連携や産学官連携及び生涯学習に関する活動を組織的に取り組みます。今後は、産学官での共同研究や地域貢献プロジェクトなどを推進するとともに、本学の教育研究活動の活性化を目指します。

事業内容

CIUセンターの主な事業概要は、以下に示すとおりです。
(1)地域連携に関する教育・研究活動の推進
(2)地域連携及び産学官連携の支援
(3)生涯学習に関する事業の企画・立案及び実施
(4)外部機関との共同研究及び受託研究の推進
(5)自治体との共同事業及び連携事業の推進

部門構成

CIUセンターは、大きく「産学官連携部門」「生涯学習部門」「研究・教育部門」の3部門で構成されています。詳細は、各部門のページをご覧ください。

産学官連携部門

02-01


 

産学官連携部門では、地域の課題解決や活性化に向けた地域協働事業を推進します。外部機関(企業・行政等)との共同研究や受託研究の実施、自治体や各種団体との共同事業(地域イベント、社会調査等)の企画・運営などを実施しています。

生涯学習部門

03-01


 

生涯学習部門では、本学及び周辺市町村での生涯学習セミナーの開催をはじめ、出前講義・ビデオ講座・公開講座などの各種講座を定期的に開講しています。このうち公開講座は、その内容によって有料のものと無料のものがあります。

研究・教育部門

04-01


 

研究・教育部門では、本学の教員が主体となって、各地域の課題研究及び分析、ICT技術の開発や実証実験、学生の学外研究・実習の支援を実施しています。これらの研究・教育活動の成果は、シンポジウムやCIUセンターのHP等で広く公開します。